中津ビハーラの会第119回例会議題要旨報告

11月25日(土)、午後4時より6時過ぎまで、中津ビハーラの会第119回例会を、「こうひいや」にて開催しました。
1.今回は、新たに白血病と闘っているメンバーが加わり、その方を中心に議論が展開しましたので、ビハーラに関する議論は後半になってからになりました。
2.お経,声明について
3.宇宙、ダークマター・エネルギー、量子論について
4.無心、無我の境地、空について。
5.手塚治虫の『ブッダ』について
6.天上天下唯我独尊について。
7.親鸞は親を供養したか?
8.自灯明法灯明と無我の関係について。
9.量子力学、縁と科学、ダークマター。
10.科学は積み重ねて発展する。
11.さとりへの階梯のプロセス。
12.スポーツと条件反射
13.さとりと禅
14.生まれ変わりと輪廻。
15.苦悩とハンセン病
17.白血病を経験した事例報告
18.ターミナルケアの事例報告:ある医師の父がターミナルにあり、その間に入った僧侶の立場。
19.傾聴と寄り添い、悩みをいかに生きるか。
20.認知症の人も実際は悩んでいる、医師のジレンマ。
21.認知の人にも人権がある。
22.サービスをする人がされる人にありがとうと云う。看護師が患者に礼を言う世界。
23.その他色々。
※ 次回:12月23日(土、祝日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第119回例会案内

「もみじ葉の 赤めぐり来て 小祥忌」
時節の巡りを人の日送りに重ね、その無常迅速に抗えず居る。
当節、葉色移ろいに思い深くなる。
中津ビハーラの会第119回例会案内です。

--
甲斐 之彦 九拝

11月25日、午後4時より、いつもの「こうひいや」にて開催します。
「_pf119.jpg」をダウンロード

「_pf1092.jpg」をダウンロード


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第118回例会要旨報告

中津ビハーラの会第118回例会が、10月21日、午後4時より6時まで、「こうひいや」にて開催されました。今回は欠席が多く、少人数でしたので、簡単に報告します。
1.テキスト:田宮仁『「ビハーラ」の提唱と展開』輪読、pp.102-103、教育問題と宗教問題は戦後が続いている。
2.教育の戦前と戦後、最近の比較。
3.宗教的教育について。
4.死ぬ権利、延命の拒否の問題点。
5.以前、胃ろうが流行したが、現在は、回復する見込みのある患者への胃ろうを推奨している。
6.施設で団体で買い物に行っているが、グループホームの人は無理で、現在行われているのは、デイケアの人達が多い。
7.病院や施設内での期日前投票の問題点。
8.ある肺がん患者の事例。
9.脳腫瘍は進行が速い(頭蓋骨があるから)。
10.姨捨の問題。
11.海外在住日本人の老病死の問題、特に保険をめぐって。
12.最近切開しなくても済む手術が多くなった。
13.あるメンバーの母の死を巡って、事例報告。
14.その他色々。
※ 次回:11月25日(土)の予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第118回例会案内

10月21日(土)、午後4時より、興味のある方の参加をお待ちしています。
   世話人代表 吉元 信行
「雨あがる 慈悲に涙を 拭い来て」
手向けにと足を運べば、いつの間にか被った慈しみに身包まれる…雨上がり。
中津ビハーラの会第118回例会のご案内です。
-- 
世話人 甲斐 之彦 九拝
Kai Shigen
「_pf118.jpg」をダウンロード

「_pf1182.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会ビハーラの会第117回例会要旨報告

9月30日(土)午後4時より6時過ぎまで、「こうひいや」にて、中津ビハーラの会第117回例会が開催されました。今回は新しく大分より、新しいメンバーが加わり、活発が議論がなされました。新会員は、スマナサーラ長老のテーラワーダ仏教の信者で、その話題に多くの時間が費やされました。
1.資料配布:「老いを考えるテーマに座談会」『現場から見えてくる高齢社会への不安』(月刊『南御堂』2017年9月号より。座談会には世話人代表の吉元が参加しています。)
2.スマナサーラ長老とアユルヴェーダ
3.禅の只管打坐とテーラワーダの瞑想について、マインドフルネスについて。
4.ヴィパッサナー瞑想について。
5.自然死と延命の問題、判断が困難。
6.NHKの番組「ガンを生きる新常識」について、僧侶で医師夫妻の妻の夫に対するケア。
7.末期の死に方、平静か狂乱か?宗教者でも狂乱状態で死ぬ人もある。
8.末期患者の呼吸器を誰が外すのか、問題?
9.胃ろうの問題点。
10.終末期と宗教。
11.アメリカの医療制度の問題点。
12.スイスで救急車で入院した会員の事例紹介。
13.その他諸々。
※ 次回:10月21日(土)の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第117回例会案内

実りの秋。世代を繋ぐその前に愛でられた華は散り落ちる。
いのちを荘厳するかのように……散華荘厳

中津ビハーラの会第117回例会案内です。
興味のある方はご自由に参加ください。

「_pf117.jpg」をダウンロード

「_pf1172.jpg」をダウンロード

「179fullsizeoutput_38b1.jpeg」をダウンロード



--

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第116回例会要旨報告

8月26日(土)、午後4時より6時過ぎまで、中津ビハーラの会第116回例会を、いつもの「こうひいや」にて開催しました。
1.あるメンバーが、西本願寺系のビハーラの会に参加したことの報告。
2.中津胃腸病院では、任意にビハーラに関わる勉強会をしているようである。
3.特養悠久の里では、僧侶が法衣を着て、訪問相談をしているとのことである。そういうあり方が、我々の理想でもある。
4.特養や一般の病院では難しいので、仏教系の施設を造っていただいて、そこでビハーラ活動をするのが理想である。
5.ケアマネとして、個人的にそういう活動はできないであろうか。
6.グリーフワークの必要でない遺族も多い。残されて遺族に満足感のようなものがある場合がある。
7.死後、墓にいると思って、盆の行事に参加している。
8.愛には執着があるが、執着のない愛は慈悲である。
9。非想非非想処も上級の瞑想であるが、やはり迷いの世界である。
10.剣道の境地と禅について。
11.王舎城の悲劇を巡る諸問題。特に韋提希夫人の救いについて。
12.空過を超える世界について。
13.子供の頃から仏教を知らない一般人と、保育・幼稚園などで、あるいは寺院で育ったものは、仏教についてまた違った面を持っている。
14.ビハーラはどういう救済をするのか。先ず、傾聴と寄り添いから始めよう。
15.スピリチュアルケアとメンタルケアの違い。ストレスの解決、死後の問題。
16.1980年台から、医療の考え方が変わった。苦しい痛い患者から、安楽な患者へと変わった。残るのはスピリチュアルセアが欠けていることである。
17.現在日本に1200くらいの緩和ケア病棟があるが、そこにスピリチュアルケアが欠けている。そこに臨床宗教師が必要になる。また、在宅ホスピスにも必要になる。
18.仏教の専門用語でなく、一般用語で説明できる必要がある。対機説法。
19.相手の気持に共感して伝える。
20.苦しい人に対応するには?
21.最近65歳の定年を迎えた人が、人が変わったように荒れることがあるが、それを越えるとまた平穏になっていく。定年後が問題。
22.要するに、緩和ケアが解決してきたが、そこにスピリチュアルケアの問題が残った。
23.以下色々と議論がなされました。

※ 9月例会予定は、9月30日(土)です。予定しておいてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第116回例会案内

標記例会を、8月26日(土)、午後4時より、いつもの「こうひいや」にて開催します。福岡、杵築、大分など遠方からの参加者もいます。お近くの方、ぜひ、お気軽に参加ください。
最近は、高齢者福祉の話題が多くなりました。もちろん、、緩和ケアの問題も議論百出です。詳細は以下をお開きください。ウイルスなどに対しても、安全です。
https://www.facebook.com/shigen.kai/posts/1453452358068172?notif_t=close_friend_activity&notif_id=1503539624770111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第115回例会要旨報告

7月22日(土)、午後4時より、中津ビハーラの会115回例会が開催されました。今回は、新しい会員として、大分から、山香病院のメディカルソーシャルワーカーが参加されました。
1.テキスト、田宮仁著『ビハーラの提唱と展開』輪読、pp.99-100。
2.関連資料配布:梅沢充「人を診る――死の受容までのサポート――」『同朋新聞』7月号より。
3.緩和ケア病棟で活動するにはどのようにしたらいいか。
4.臨床の場、ビハーラについて。
5.山香病院での取り組みについての紹介。
6.県下における田畑先生の会の実情について。
7.病院や施設での活動も重要であるが、在宅ホスピスへの活動も必要ではないか。
8.医師は宗教についてどのような考えを持っているのか。
9.ホスピスにおける臨床宗教師の活動について。一般病院ではどうか。
10.病院では、死後の遺族との関わりは不可能である。
11.日野原先生の人となりと活動について。よど号ハイジャック事件では被害者でありながら、被害者の中で医療活動をしていた。朝日新聞be版、7月10日号での最後の遺稿について。
12.寺院での様々な活動について。自坊での子供会、陶芸教室、ヨガ、禅の会、寺をカウンセリングの場として開放するとか。
13.紹介:善隆寺チャリティ寄席、8月5日午後1時半から3時まで、中津市伊藤田、桂歌春ほか。
14.その他いろんな議論がされましたが、省略します。

※ 次回:8月26日(土)、午後4時より、こうひいやにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中津ビハーラの会第115回例会案内

標記例会を、7月22日、午後4時より、いつもの「こうひいや」にて開催しますので、皆様、奮ってご参加ください。お待ちしています。詳細は下記を開いてください、ファイルは安全です。

https://www.facebook.com/shigen.kai/posts/1420447601368648?notif_t=close_friend_activity&notif_id=1500506968084724

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«あそかビハーラ病院について